お知らせ

第4回ツギクル小説大賞で、当サイトの作品「夢幻の旅」が奨励賞を受賞しました。
管理人:Inazuma Ramone

Feel The Darkness - にほんブログ村

第七話 Head On A Pole 其の3

カツラ大戦争

 カツラスキーは、陽光を浴びて光り輝く剃りあげた頭を右手で撫でると、空中に漂う魔ヅラを一つ掴んで話を続けた。

「K.G.B.エージェントの中で、魔ヅラを作る者を職人、それ以外の魔ヅラを操る者をカツラ使いと呼ぶ。魔ヅラを製作するカツラ職人の中でも、一級カツラ職人という最難関の国家資格を持つ、一流のカツラ職人にしてカツラ使いがヅラ師と呼ばれるのだ」

 そう言うとカツラスキーは、手に持っていた魔ヅラをベラマッチャに向かって投げ付けた!

「げぇッ!」

「ベラマッチャさん!」

 身体を仰け反らせ、間一髪で魔ヅラをかわしたベラマッチャの前に、パンチョスが躍り出た。パンチョスはギターを握り締めると、カツラスキーを睨みながら弾き始め、ベラマッチャに声をかけて来た。

「ベラマッチャさん、俺に任せとけ」

「フッフッフ……カルロス・パンチョス……。貴様のギターで私を殺れるかな? 魔ヅラ、真の威力を見せてやる!」

 カツラスキーはニヤリと笑うと、空中に浮かぶ魔ヅラの中から一つを取り、己の頭に被せた! モジャモジャしたヘアスタイルの魔ヅラは、パンチョスが室内で指差した伝説の宮廷音楽家、ベントーベンの魔ヅラだ。

 自分の頭に魔ヅラを被せるというカツラスキーの行動に、パンチョスは呆気に取られている。ベラマッチャたちも、カツラスキーの行動に首を傾げながらパンチョスとカツラスキーを交互に見た。

「ナニ考えてやがるんだ? 俺に勝てねえからって自殺するつもりか?」

「馬鹿め、これで貴様の死は決まったのだ」

 カツラスキーの行動が理解できないパンチョスは、弦を弾きながら必殺のチャーミング・デスメタルを繰り出した!

「シャバダバダ~、分かるかなぁ……分かんねえだろうなぁ……。死ぬのはテメーだぜ……」

 パンチョスの弾くゆっくりとした曲が、爆音ギターの音と共に突如スピードアップすると、カツラスキーは両手を忙しなく振り出したのだ!

 すると、カツラスキーの両手の動きと共にパンチョスの弾くロックンロールが、爽やかなメロディーのワルツに変化したではないか!

「うおぉッ!」

 なんという事か! カルロス・パンチョスは身体の自由を失ったが如く、その場で何度かクルクル回るとベラマッチャたちに向かい、今度はロックンロールを演奏し始めた。

「シャバダバダァッ!」

「げぇッ!」

 音に弾き飛ばされたベラマッチャたちは地面に打ち付けられ、驚愕の表情でカツラスキーと困惑顔のパンチョスを見た。

戻る
メニュー
次へ

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
作者に投げ銭を!

当サイトの作品を読んで面白かった方は、ファンレターにて感想を伝えてみましょう。
あなたのお布施に、作者は泣いて喜ぶこと間違いありません。
ハードなお布施をお待ちしております。

投げ銭とファンレターはこちら。プレゼントならAmazonがおすすめ!

忙しい独身の方や共働き世帯、ご高齢の方にも喜ばれる食事宅配サービス

フィットネス業界導入No.1企業がおすすめする家庭用水素水サーバー(ウォーターサーバー)

有機・無農薬などのオーガニック野菜や加工食品を宅配

ブログにサービスや商品に関する記事を掲載すると成果報酬が発生するプログラム

Amazon Prime Video なら、JUNK FILM by TOEI も見放題

オンライン集客のための「七色WEBライティングPro」

コンテンツ・ライティング - 圧倒的な価値のある文章をスラスラ書き上げる5つの原則

コピーライティングの力2

この記事のSNSでの反響

カツラ大戦争

Posted by Inazuma Ramone