【創作小説】夢幻の旅

夢幻の旅 : Menu
書店に勤務する世良田光平が五十歳の誕生日を迎える春、店に町田蛍が買い物に来た。
過去の恋人に似た面差しの蛍は頻繁に来店するようになり、なぜか光平を慕い付き纏う。
光平は、そんな蛍に過去の恋人・明子を重ね合わせ、年甲斐もなく心をときめかせる。
仕事が終わるころ現れる蛍と、いつからか店舗横の小川で話してから帰るようになった光平に、運命は残酷な現実の歯車を回しはじめた。
ツギクルバナー
にほんブログ村

この記事のSNSでの反響