読み切り長編小説

創作長編小説

創作長編小説

 途中、アパート近くにある教習所から突然車が飛び出してきて驚いたが、俺より運転している女と助手席の教官のほうがびっくりした顔をしている。

 思わず笑ってしまったが、俺も教習所に通ってるときはドキドキしながら運転したものだ。 ...

創作長編小説

創作長編小説

(やるって、なにをやるんだ?)

 彼女の言葉を理解できないままでいると、ミーが俺の左腕を掴つかみ歩きはじめた。

 引っ張られるまま付いていくと、悲鳴館近くのコンビニの角を曲がり、路地に入ってすぐのラブホテルに入 ...

創作長編小説

創作長編小説

 股間の痛みに耐えながら駅まで歩き電車に乗るものの、気分は晴れない。ラブホテルに入ってしまったとき、受付のオヤジに助けを求めることもできたはずだ。

 吊革に掴まり窓を見ると、虚ろな目をした自分の顔が目に入る。

...

創作長編小説

創作長編小説

 便器の前に立つと、どれくらい膀胱に入ってたんだと思うほど小便が出る。

 スッキリして外に出ると、みんな帰ってしまったのか会社の人たちは誰もいない。

 飲み会の喧騒から解放され、週末で賑わう都会の雑踏の中に一人 ...

創作長編小説

創作長編小説

 目の前で一気にビールを飲み干し、空になったジョッキを手に立ち上がると、部屋のドアを開けて叫ぶ。

「お姉さーん! 生ビール二杯追加!」

 板野は、まるで餌を待つ犬のようにドアの前に立ち、ひったくるようにジョッキ ...

創作長編小説

創作長編小説

 地下鉄を乗り継ぎ、俺たちは六本木へ。

 駅の改札を抜けて地上へ出ると、道路の両側を埋め尽くすように立ち並ぶビルの狭間を、夜の街を彩るネオンや照明に照らされながら、大勢の人たちが歩いている。

 日は沈んでるはず ...

創作長編小説

創作長編小説

 開発部はユニックス機が置いてある部屋と同じフロア、会社が入っているビルのひとつ上の階にある。

 階段を上っていき、「日本データサービス開発部」と書かれたドアを開けると、右側がユニックス機が置かれている部屋のドア、正面のガ ...

創作長編小説

創作長編小説

 イフ文にパフォーム文、ピクチャー句、いろんな命令文や定義文が解説され、ノートに書きながら少しづつコボル言語を覚えていく。

 駒田主任の説明は分かりやすく、開発部は嫌だと思っていた俺も次第にプログラミングに興味が湧いてくる ...

創作長編小説

創作長編小説

 お喋りを続ける女二人を引き連れ、ビルの谷間を歩いて会社へ向かう。

 後ろを歩く安田さんと馬場さんは、相変わらず俺の顔のことで盛り上がっており、どんな服が似合うか話している。

 俺の私服なんて革ジャンにジーンズ ...

創作長編小説

創作長編小説

 人事部で書類を訂正して会議室へ戻り、桑原課長促うながされて席に着く。人事部から、会社の組織がどうなっているのか説明するらしい。

「日本データサービスは、銀行や証券会社のコンピューターシステムを開発するソフトウェア会社です ...