読み切り長編小説

創作長編小説

創作長編小説

 翌朝、目を覚まして出社したものの、どうやって蛍のことを話そうか頭がいっぱいで仕事が手につかない。大事な話だし繊細な事柄なので、良美を怒らせないよう慎重に事を進ませたい。

 昼休みに健康診断を受けた病院へ電話し、糖尿病検査 ...

創作長編小説

創作長編小説

 昨日に続いての自分で自分に送信しているメールに驚き、メールを確認すると、やっぱりタイトルも本文もない。

 なぜこんなメールが着信するのか考えていると、キッチンから良美が話しかけてきた。

「健康診断の結果が届い ...

創作長編小説

創作長編小説

 あの水晶のチョーカーは今でも身に付けている。良美の手前、名前を彫ったタグは取ってしまったが、俺が気に入って作ったんだし毎朝身に付けることが習慣化してしまっていた。

 右手で涙を拭いながら立ち上がり、夕闇の中を駐車場まで歩 ...

創作長編小説

創作長編小説

 ――お父さん? なに言ってるんだ、この娘は……。

 突然の事で頭が混乱して言葉が出てこない。あたりまえだ、俺に子供はいないんだから。

 もしかしたら、この娘は頭がおかしいのかもしれない。いや、ひょっとしたら新 ...

創作長編小説

創作長編小説

 蛍は女性誌を一冊抱えてニコニコ微笑みながら、顔を向けただけの俺を見つめている。

 一瞬ドキリとし、抱きしめてしまいたい衝動に駆られるものの、なぜか同時に罪悪感が沸き起こり、一歩踏み出そうとした足が止まった。

...

創作長編小説

創作長編小説

 付録を付けるのはスタッフに任せるとして、カートに置いた雑誌を出してしまおう。今日の商品入荷量では、雑誌に付録を付けてからだと開店時間を過ぎても雑誌が出ない。女性誌は付録付き商品が多く、今日の入荷品の半分近くが付録付きの女性誌だ。

創作長編小説

創作長編小説

 翌朝、目を覚ましてダイニングへ向うと、良美が作る朝食の匂いが漂ってくる。

「おはよう」

「おはよう。あなた、新聞取ってきて。いま手が離せないの」

 良美に言われ、門のところまで新聞を取りにいき、ダ ...

創作長編小説

創作長編小説

 風呂から出た後、スマホはダイニングテーブルの上に置いたままだったし、当然パソコンも使ってない。それに、自分で自分のメールアドレスに空メールを送信する理由などないだろう。

 左手に持ったスマホを見つめてるうち、なんだか薄気 ...

創作長編小説

創作長編小説

 二十秒ほどで勢いよくお湯から頭を出し、体が温まったところで風呂を出てダイニングへ向かうと食欲をそそる匂いが漂ってくる。

 キッチンにある冷蔵庫を開けて缶ビールを一本取り出し、ダイニングテーブルにスマホを置いて椅子に座り、 ...

創作長編小説

創作長編小説

 帰宅ラッシュの国道から灯りが全くない山道へ入り、細く曲がりくねった峠をひとつ超えると自宅がある地元の街だ。早く気持ちを切り替えなければならないのに、俺は車を走らせながら初めて蛍と出会った日のことを思い出していた。

(なぜ ...