創作長編小説

創作長編小説

 一階に降り、玄関を出て庭の奥にある犬小屋が目に入った途端、昨夜からジョニーに餌えさを与えてないことに気づき、慌てて容器を持ってドッグフードストッカーへ小走りに駆けていく。

 容器いっぱいにドッグフードを取り出し、ジョニー ...

創作長編小説

創作長編小説

 スマホを枕元に置き、目を閉じてもの思いに耽ると、俺の脳裏に良美の顔と蛍の顔が同時に浮かんでは消えていく。良美は帰ってきてくれるのか、そのことでメシも喉を通らず、憔悴する俺の姿を見た蛍はなんて言うのだろうか。

 開け放った ...

創作長編小説

創作長編小説

 良美が家を出ていった事実を受け入れられず、俺は唇を歪めながら右手に持ったメモをクシャクシャに丸め、ゴミ箱めがけておもいっきり投げ捨てた。

 病院にいたときから腹が鳴っており、体は食事を求めているものの心が受け付けてくれな ...

創作長編小説

創作長編小説

 昨日の、希望が少しだけ混じった想像が不可思議な現象と共に絶望に変わり、奈落の底に叩き落されたまま床に就いたが、良美と蛍のことを考えているうちに寝てしまったようだ。

 朝の光と小鳥のさえずりで目を覚まし、リビングへ行ってみ ...

創作長編小説

創作長編小説

「よく聞いてくれ……」

 バクバクと破裂しそうなほど高鳴る心臓。慎重に、言葉を選びながら覚悟を決めて口を開く。

「お前と知り合う前のことだけど、若いころ付き合ってた人との間に子供がいることが分かったんだ……」

創作長編小説

創作長編小説

 俺の腕の中で震える良美に目をやり、次いで食器棚に視線を移すと、揺れる食器棚の中に置いてある皿がガチャガチャ音を立てて上下に振動している。

「ちょっと……なんなのよ、これ……」

「どうなってるんだ……」 ...

創作長編小説

創作長編小説

 まるでシャワーのように道路に降り注ぐ光。

 その光のシャワーを浴びながら良美に蛍のことをどう話そうか思い巡らせていると、すんなりと良美が受け入れてくれるのではないかという都合の良い考えが、まるで黒い下水のように胸の中を流 ...

創作長編小説

創作長編小説

 翌朝、目を覚まして出社したものの、どうやって蛍のことを話そうか頭がいっぱいで仕事が手につかない。大事な話だし繊細な事柄なので、良美を怒らせないよう慎重に事を進ませたい。

 昼休みに健康診断を受けた病院へ電話し、糖尿病検査 ...

創作長編小説

創作長編小説

 昨日に続いての自分で自分に送信しているメールに驚き、メールを確認すると、やっぱりタイトルも本文もない。

 なぜこんなメールが着信するのか考えていると、キッチンから良美が話しかけてきた。

「健康診断の結果が届い ...

創作長編小説

創作長編小説

 あの水晶のチョーカーは今でも身に付けている。良美の手前、名前を彫ったタグは取ってしまったが、俺が気に入って作ったんだし毎朝身に付けることが習慣化してしまっていた。

 右手で涙を拭いながら立ち上がり、夕闇の中を駐車場まで歩 ...