創作長編小説

創作長編小説

 二十秒ほどで勢いよくお湯から頭を出し、体が温まったところで風呂を出てダイニングへ向かうと食欲をそそる匂いが漂ってくる。

 キッチンにある冷蔵庫を開けて缶ビールを一本取り出し、ダイニングテーブルにスマホを置いて椅子に座り、 ...

創作長編小説

創作長編小説

 帰宅ラッシュの国道から灯りが全くない山道へ入り、細く曲がりくねった峠をひとつ超えると自宅がある地元の街だ。早く気持ちを切り替えなければならないのに、俺は車を走らせながら初めて蛍と出会った日のことを思い出していた。

(なぜ ...

創作長編小説

創作長編小説

 人の一生はあまりにも短い。これまでの人生を振り返れば走馬灯のように過去が甦り、幻だったかのように消えていく。過ぎ去りし日々に後悔があろうと変えることはできず、悔いなき人生を全うした人も存在しえない。

 一期一会の出会いを ...

創作長編小説

創作長編小説

 翌朝、目を覚まして朝食を食べ終え、父さんと和幸を見送り小鹿野のおじさんの家に行くため着替えを用意しはじめたものの、今度は何日泊まっていいのか分からない。一階に降りて洗濯している母さんに聞くと、検査で帰ってこなければならないため、一週 ...

創作長編小説

創作長編小説

 採血が終わり、看護師さんが廊下のベンチに座っていた母さんを呼びに行く。僕がドアを見ていると母さんが入ってきて、榛沢先生が看護師さんが出した椅子に座るよう言う。母さんがバッグを持ったまま椅子に腰かけると、榛沢先生が話を切り出した。

創作長編小説

創作長編小説

 椅子に座ったまま靴下を脱ぎ、診察台に上がって仰向けに寝ていると、横に来た榛沢先生が僕の足首を触診し始めた。

「痛いっ!」

 ズキンとする痛みに思わず声を出してしまったが、先生は気にする素振りも見せずに触診を続 ...

創作長編小説

創作長編小説

 朝、目を覚ますと鮭を焼く良い匂いが漂ってくる。眠い目を擦りながら布団から抜け出し、匂いを辿りながら居間へ行くと、おじさんが囲炉裏で味噌汁を作っていた。

「おう秀人、起きてきたか」

「おはよう、おじさん」

創作長編小説

創作長編小説

「おじさん、思い出したよ! ロボは三年前の夏、両神山で怪我してた子犬だったんだ!」

 おじさんは思い出すような顔をしながら助手席に座る僕の顔を見つめ、再び正面を見ながら口を開いた。

「あ~、あのとき拾った子犬か ...

創作長編小説

創作長編小説

 博物館の前にある土産物屋の横へ行き、木に繋いであった犬たちを駐車場に連れて行こうとすると、三匹の犬がいない。きっとおじさんが連れていったんだろうと思い、一人で駐車場へ向かった。

 階段を降りながら料金所を見ると、おじさん ...

創作長編小説

創作長編小説

「アラスカの州都、ジュノーという街の郊外で実際にあった話なんだけど、湖が凍った冬に、メンデンホール湖の氷上を散歩してた夫婦の目の前に大きな黒い狼が現れて、連れていた犬が狼に近寄っていっちゃったのが始まりよ。お互い唸り声をあげて睨 ...