お知らせ

第4回ツギクル小説大賞で、当サイトの作品「夢幻の旅」が奨励賞を受賞しました。
管理人:Inazuma Ramone

Feel The Darkness - にほんブログ村

夢幻の旅:あとがき

雑記帳:読むな! 呪われるぞッ!

「俺は死ぬとき、残される妻に何を言うんだろう」

 そう思ったのが、夢幻の旅を考えるきっかけでした。女性の寿命のほうが男性より長く、どう考えても先に死ぬのは俺だろうと。

 書くなら夫婦の物語としてだけではなく、家族の死と、残された家族が死者について感じることを、自分の生死観で書いてみよう。

「天国も地獄もない。人は死んだら自然に帰る」という考え方を中心に、突然病気になった自分と家族、妻にも言えない秘密、親子の絆などを書いてみたつもりですが、第一話から読み返してみると、なんとまあ杜撰な出来。

 いちばん最初に良美の最後のシーンが思い浮かび、そこに向かって終わるように考えはじめたんですが、最初光平は死ぬ予定ではなかったんです。

 書きはじめようとしたとき、ハッピーエンドで終わっていい物語なのか悩んでしまい、そこで構成し直してホラーテイストを入れて光平も死ぬように直し、少々ミステリアスな感じにしてみました。

 ラストは物悲しくジョニーを連れた良美の語りで終わらせましたが、犬のジョニーが重要な役割を果たすのは、実家で飼っていた犬の思い出からです。

 もう十年以上前、母を一人残して離れた街で暮らしてましたが、実家には金太と名付けた犬がいました。

 長生きな犬で、当時十八歳。

 ある日の明け方、不思議な夢を見ました。実家のリビングで、庭に面した窓を背にコタツに入っていると、ガラスを引っ掻く音が聞こえ、窓を開けると金太が入ってきたんです。

 コタツに潜り込み、筆者の太股にアゴを乗せる金太。しばらく会ってなかったので頭を撫で、言葉をかけました。

「金太、お袋と一緒にいてくれて、ありがとうな」

 金太は嬉しそうな顔で目を瞑り、安心したように寝てしまいました。

 その日、仕事から帰ると、実家の母から「金太が死んだ」と電話があり、明け方見た夢の意味を悟ったんです。あれは、金太が会いに来た夢だったんだと。

 そんな思い出があったのでジョニーを登場させたのですが、もうちょっと登場させてもよかったかな、と思ってます。

 自分としては、今までで一番良く書けたと思いますが、死んでいく人間を書く難しさ、描写力、重複した言い回しなど、きちんと書かないと伝わらないことが書けてなく、相変わらずグダグダで終わってしまいました。

 この物語を読んでくださった方は、どんなことを感じるんでしょうか。

 それが今、いちばん気になります。

「夢幻の旅」を書くのにインスパイアされた曲

Social Distortion – Cold Feelings

Hüsker Dü – Pink Turns To Blue

Poison Idea – Crippled Angel

Beowulf – Ain’t No Place Like Home

作者に投げ銭を!

当サイトの作品を読んで面白かった方は、ファンレターにて感想を伝えてみましょう。
あなたのお布施に、作者は泣いて喜ぶこと間違いありません。
ハードなお布施をお待ちしております。

投げ銭とファンレターはこちら。プレゼントならAmazonがおすすめ!

忙しい独身の方や共働き世帯、ご高齢の方にも喜ばれる食事宅配サービス

フィットネス業界導入No.1企業がおすすめする家庭用水素水サーバー(ウォーターサーバー)

有機・無農薬などのオーガニック野菜や加工食品を宅配

ブログにサービスや商品に関する記事を掲載すると成果報酬が発生するプログラム

Amazon Prime Video なら、JUNK FILM by TOEI も見放題

オンライン集客のための「七色WEBライティングPro」

コンテンツ・ライティング - 圧倒的な価値のある文章をスラスラ書き上げる5つの原則

コピーライティングの力2

この記事のSNSでの反響