お知らせ

第4回ツギクル小説大賞で、当サイトの作品、夢幻の旅が奨励賞を受賞しました。
管理人:Inazuma Ramone

夢幻の旅:第十八話

創作長編小説

 一階に降り、玄関を出て庭の奥にある犬小屋が目に入った途端、昨夜からジョニーにえさを与えてないことに気づき、慌てて容器を持ってドッグフードストッカーへ小走りに駆けていく。

 容器いっぱいにドッグフードを取り出し、ジョニーの元へ行き小さく声を掛けた。

「ごめんな、ジョニー」

 クゥ~ン、クゥ~ンと鳴くジョニーに餌を与えると、ジョニーは勢いよく食べはじめる。庭にある散水用の水道で水をんで、ドッグフードを入れた容器の隣に置いた。

 そういえば、ジョニーを散歩にも連れてってない。これじゃあジョニーがかわいそうだ。餌を食べ終わるまで待って、コンビニに行きがてら散歩に連れて行こう。

 尻尾を振りながらドッグフードを食べるジョニーを見つめ、楽しかった日々の生活を思い出す。良美と出会った日のこと、結婚式の日、そして夫婦喧嘩をした翌日、どちらからともなく会話を始め、お互い謝った日のこと……。

 モヤモヤした心の中で思い出を再生しながら漠然ばくぜんとジョニーをながめていると、ジョニーはあっという間にドッグフードを食べ終え、容器いっぱいの水を飲み干した。

「行くか、ジョニー」

 ジョニーの首輪に散歩用のリードを付けて右手に持ち、家の近くを流れる川へ向かった。久しぶりに川沿いを歩いて、遠回りで丘の上にある公園へ行こう。

 橋のたもとから川の土手に入ると心地よい風が吹きつけてくる。全身で風を感じながら土手の上の道を進みはじめると、普段と違いジョニーが俺の右側にぴったりくっついて歩いていく。

 いつもなら俺を引っ張るようにして少し前を歩くのに、今日のジョニーはおとなしい。餌を食べているときから違う感じがしたが、たぶんジョニーも、家の様子が変わったことに気づいてるんだろう。狼の血が入った利口な犬だ。俺の感じが違うのを察し、近くにいるようにしてるに違いない。

 川沿いを三十分ほど歩いて丘の上に到着すると、公園内に作られたドッグランへ行き、柵の中にジョニーを放した。

 ドッグランには、ジョニーと仲の良いシベリアンハスキーやシェパード、ボルゾイなどの大型犬が連れられて来ており、それらの犬の見知った飼い主たちに挨拶して、一人離れたベンチに腰を下ろした。

 今は人と話す気分じゃない。ドッグランで走り回る犬たちを見つめながら、溜息をいたり背伸びをしたりしてみる。気分転換できるわけじゃないが、モゾモゾとでも体を動かしてないと叫んでしまいそうになるのだ。

 何時間くらい公園にいたか分からないが、日が傾くにつれて一人、二人と帰っていき、いつの間にかドッグランにいるのは俺とジョニーだけになっている。

 西にそびえる山の向こうに落ちていく夕陽を見ながら、柵の中に入ってジョニーの首輪にリードを付け、コンビニに寄って帰ることにした。

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

この記事のSNSでの反響

創作長編小説