お知らせ

第4回ツギクル小説大賞で、当サイトの作品、夢幻の旅が奨励賞を受賞しました。
管理人:Inazuma Ramone

夢幻の旅:第十六話

創作長編小説

 良美が家を出ていった事実を受け入れられず、俺は唇を歪めながら右手に持ったメモをクシャクシャに丸め、ゴミ箱めがけておもいっきり投げ捨てた。

 病院にいたときから腹が鳴っており、体は食事を求めているものの心が受け付けてくれない。昨夜、食べずに残してある夕食が冷蔵庫に入っているが、食べずに自分の部屋へ行こう。メシは食いたくなったら食えばいい。冷蔵庫の中に入れてあれば、一日くらい置いといても大丈夫だろう。

 自室へ向かい、窓を開けて枕元にスマホを置き、ベッドに寝転んだ。

 良美の実家へ迎えに行こうか、それとも電話して、お義母さんと話をしようか考えるものの、どちらとも決めかねて時間だけが過ぎていく。

 もうすぐ六月、気温はぐんぐん上昇し雨の日も多くなり湿度も上昇してきている。

 額に汗をにじませながら窓の外に目をやると、晴れていた空は雲が多くなり、いまにも雨粒が落ちてきそうだった。

(とりあえず電話して、お義母さんと話してみるかなぁ……)

 男は弱い生き物だ。家庭がうまくいかないだけで何も手につかなくなる。妻が出ていってしまうとなおさらだ。男がどれだけ女に依存してるのか、いまの自分が物語っている。

 まずは良美と直接話そうと思い、スマホを手に取り電話してみるが、電源が切ってあるのかつながらない。仕方なく実家に電話しようとするものの、お義母さんになんて話すか言葉が見つからず、再び電話を枕元に置いた。

 そりゃそうだろう、他の女との間に子供ができてましたなんて、どの面下げて義理の母に言うんだ? だけど俺も知らなかったんだし、このままじゃ蛍がかわいそうだ。

 ――なるようになる。

 しばらく考えてからそう心の中で呟き、思い切って左手に持ったスマホの電話帳を開いて、良美の実家に電話をかけた。

「もしもし、光平ですけど……」

「あぁ、光平君」

 電話に出たのは、お義母さんだった。

「良美は帰ってますか?」

「今朝、大きな荷物を持って帰ってきたけど、部屋に籠ったまま出てこないのよ。夫婦喧嘩でもしたの?」

「まあ、そんなところです。携帯に電話しても良美が出てくれないんですけど、電話を代わってもえらえますか?」

 お義母さんが受話器を手で塞ぎ、大声で良美を呼ぶ声が聞こえる。だが、お義母さんが何回も「良美、光平君から電話だよ」と呼んでも良美が電話の側に来る気配がしない。

「もしもし」

 良美が電話に出ることを諦めたのか、電話からは再びお母さんの話し声が聞こえてきた。

「何回呼んでも部屋から出てこないから、夕飯のときに電話するよう言っとくよ。まったく、あの子もすぐ頭に血が上るんだから」

 お義母さんの言葉に、俺の顔からは自然と笑みがこぼれた。

 頭に血が上るのは親子そっくりだ。お義母さんだって、すぐ頭に血が上るタイプなんだから良美のことは言えない。

「分かりました。電話するよう伝えてください」

 お義母さんに電話が欲しいことを良美に伝えてもらうことにして、俺は通話を終わらせた。

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

この記事のSNSでの反響

創作長編小説