お知らせ

第4回ツギクル小説大賞で、当サイトの作品「夢幻の旅」が奨励賞を受賞しました。
管理人:Inazuma Ramone

Feel The Darkness - にほんブログ村

第八話 Give It Up 其の2

カツラ大戦争

 幸いにして林の中では棒切れには事欠かず、すぐに太い棒を探し出してパンチョスとポコリーノに渡し、全員で墓穴の周りを取り囲んでしゃがむと、一斉にシャザーン卿の身体をつつき始めた。

「シャザーン卿、起きたまえ!」

「おいシャザーン卿! いつまで寝てやがる!」

 皆で声を掛けながら身体のあちこちをつつくが、シャザーン卿が起きる気配は全く無い。あまりの反応の無さに全員が顔を見合わせ、誰が言いだす訳でもなく四人とも更に強くシャザーン卿の身体をつつき始めた。

 だが、つついてもつついてもシャザーン卿は反応を示さない。

 大の大人が穴に落ちたオヤジをつつくという行為に、いつしか四人は口元に薄い笑いを浮かべながらつつく様になり、全く反応を示さないシャザーン卿に、皆が諦めにも似た苛立ちを感じ始めていた。

「ワタシ、腕が疲れてきたわん! 早く起きてよん!」

 苛立ちが頂点に達したのか、シャザーン卿の左半身をつついていたヘンタイロスが突如、シャザーン卿の股間に棒を当ててつつきだした!

「ウフフ……。エイッ!」

 ヘンタイロスは、聞く者の気が抜けるような気合を発しながらシャザーン卿の股間をつつき、時には感触を楽しむかのようにグリグリと棒で股間を舐る。

 己の行為に興奮し始めたのか、ヘンタイロスの呼吸は荒くなり、目を輝かせながら一心不乱にシャザーン卿の股間をつついている。

 シャザーン卿の股間を食い入るように見つめながら棒で股間を舐るヘンタイロスが、しゃがんだまま一歩前へ出た時だった。

「げぇん!」

 墓穴の縁が崩れ、ヘンタイロスが穴の中に落ちたのだ!

「ホッ……ゲッ……」

 ヘンタイロスが身体の上に落ちた事で、シャザーン卿は呻き声をあげながらやっと目を覚ました。

戻る
メニュー
次へ

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
作者に投げ銭を!

当サイトの作品を読んで面白かった方は、ファンレターにて感想を伝えてみましょう。
あなたのお布施に、作者は泣いて喜ぶこと間違いありません。
ハードなお布施をお待ちしております。

投げ銭とファンレターはこちら。プレゼントならAmazonがおすすめ!

忙しい独身の方や共働き世帯、ご高齢の方にも喜ばれる食事宅配サービス

フィットネス業界導入No.1企業がおすすめする家庭用水素水サーバー(ウォーターサーバー)

有機・無農薬などのオーガニック野菜や加工食品を宅配

ブログにサービスや商品に関する記事を掲載すると成果報酬が発生するプログラム

Amazon Prime Video なら、JUNK FILM by TOEI も見放題

オンライン集客のための「七色WEBライティングPro」

コンテンツ・ライティング - 圧倒的な価値のある文章をスラスラ書き上げる5つの原則

コピーライティングの力2

この記事のSNSでの反響

カツラ大戦争

Posted by Inazuma Ramone