お知らせ

第4回ツギクル小説大賞で、当サイトの作品「夢幻の旅」が奨励賞を受賞しました。
管理人:Inazuma Ramone

Feel The Darkness - にほんブログ村

第七話 Head On A Pole 其の11

カツラ大戦争

 最後の一撃が自分の身体を打ち砕こうとした瞬間、カツラスキーが崩れ落ち両膝を地面に付くのが視界に入り、同時に自分の身体も地面に落ちた。

 ベラマッチャは朦朧としながらも、苦しそうに肩で息をするカツラスキーを視界に捕らえ、何がおこったのか理解できず呆然と見つめた。

「うぅッ……。頭が割れそうだ……」

 カツラスキーは苦悶の表情を浮かべ、脂汗を滲ませて呻いている。

 ベラマッチャは先程カツラスキーが、青褪めた顔で脚をフラつかせていたのを思い出し、痛みに耐え立ち上がった。視界はボヤけ、意識は朦朧としたままだが、ベラマッチャは紳士としての威厳を無くさぬ様、倒れそうになる身体を気合で立たせ続ける。

 息を整えるベラマッチャの前で、苦しむカツラスキーは頭の上に重ねた三つの魔ヅラを脱ぎ捨てた。

 その瞬間、ベラマッチャは悟った! 魔ヅラはヘアスタイルを模した人間の力を使えるものなのだ。常人では、三人の人間の力を一度に使う事など出来ないだろう。カツラスキーは『魔ヅラ三段増毛術』なる大技を放つ事により、体力の限界を超えてしまったのだ!

 ベラマッチャはよろける身体を必死に立たせたまま、カツラスキーを指差した。

「ヅラ師ヅラに溺れる。君は魔ヅラに絶対の自信を持つあまり、己の体力の限界を見誤ったのだ」

 ベラマッチャの確信に満ちた指摘に、カツラスキーは苦渋の表情を浮かべた。

「フフフ……。どうやら貴様の指摘は正しいらしい。まだ未完成だったとはいえ、貴様ごときに魔ヅラ三段増毛術が敗れるとは……」

「今の君では豆腐を砕くのがやっとだろう。それともまだやるかね?」

 ベラマッチャの言葉に、カツラスキーはよろめきながら立ち上がると頭上で旋回する魔ヅラを指で操り、空の彼方へ飛び去らせてベラマッチャを睨みつけた。

「任務失敗という事か……よかろう、今回は見逃してやる。だがワグカッチを王国直轄地とする方針に変わりはない。次に会った時が貴様等が死ぬ時だ!」

 カツラスキーは震える声で叫ぶとベラマッチャに背を向け、よろめきながら森の中へ消えて行った。

戻る
メニュー
次へ

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
作者に投げ銭を!

当サイトの作品を読んで面白かった方は、ファンレターにて感想を伝えてみましょう。
あなたのお布施に、作者は泣いて喜ぶこと間違いありません。
ハードなお布施をお待ちしております。

投げ銭とファンレターはこちら。プレゼントならAmazonがおすすめ!

忙しい独身の方や共働き世帯、ご高齢の方にも喜ばれる食事宅配サービス

フィットネス業界導入No.1企業がおすすめする家庭用水素水サーバー(ウォーターサーバー)

有機・無農薬などのオーガニック野菜や加工食品を宅配

ブログにサービスや商品に関する記事を掲載すると成果報酬が発生するプログラム

Amazon Prime Video なら、JUNK FILM by TOEI も見放題

オンライン集客のための「七色WEBライティングPro」

コンテンツ・ライティング - 圧倒的な価値のある文章をスラスラ書き上げる5つの原則

コピーライティングの力2

この記事のSNSでの反響

カツラ大戦争

Posted by Inazuma Ramone