Russian Field

雑記帳:読むな! 呪われるぞッ!

同士諸君! 日々の育毛と脱毛予防に励んどるかねっ!

抜け毛を防ぎ育毛を促進するには、血行を良くしてストレスを溜め込まない事だ! ストレスをっ!

何故こんな事を書いてるかというと、嫁、お袋と夫婦喧嘩と母子喧嘩を同時にしたからだ。昼寝していた俺の頭をスマホで撮影し、「前から行く」「まだらハゲになる」などと二人して笑ってやがったのだ!

そもそもの発端は、嫁が、抽選で沖縄旅行が当たる懸賞に応募した事だった。当選する訳ないと思ったが、「当たったら実家のお母さんと二人で行ってくれば?」と伝えると、俺と二人で行きたいと言う。俺が高所恐怖症で飛行機が苦手なのを知ってるのに、である。

それで「行く」「行かない」と口論になり夫婦喧嘩が始まったが、腹を立てた嫁がふて寝した俺の頭を写真に撮り、お袋と見ながら、薄くなった頭髪について二人で勝手な評論をしてたのだ。

頭にきた俺は嫁とお袋に言ってやった。

「ハゲは恥ずかしい事じゃない。頭髪が抜けていくのは男にとって一種の不治の病だ。恥ずかしいのは、薄くなった頭に付けたり乗せたりして隠そうとするその心が恥ずかしいんだよ!」

フンッ、俺は言われっぱなしで終わる男じゃねえ。

だが、俺が言い放った渾身の言葉に嫁とお袋は爆笑し、更に頭にきた俺は自室に籠った。昔付き合ってたロシア人の言葉を思い出しながら。

「ロシアでは昔から、ハゲてる男性がモテるのよ」

今の俺には神の言葉のようだ……。まだ頭髪がフサフサだった若かりし頃は変な伝統だと思ってたが、今となってはロシアはパラダイスとしか思えない。それにしても、ロシアを天国のような国だと思う日がくるとは。嫁と離婚してもロシアへ行けば、ひょっとしたらすぐ再婚相手が見つかるかもしれない。

でも、ロシアへ行くにはバカ高いハードルがある。前述したように、俺は飛行機が苦手なのだ。初めて飛行機に乗ったグアム旅行の時、空港で飛行機を間近に見てデカさにビビったものだ。

【会社の先輩たちとグアム旅行】
「こんなデカいの飛ぶわけねーじゃん」と言って帰ろうとしたが、無理やり飛行機に乗せられる。乗務員のお姉さんが「大丈夫ですよ。自動車より安全なんですよ」と言って、ずっと安心させようとしてくれてた。

【宮崎での結婚式出席・大阪での葬式・広島出張】
搭乗の時に歩けなくなり、半ベソで座席まで連行される。着陸までずっと両手を握り締め下を向いていた。

【新婚旅行・行き】
それまで乗ったどの飛行機よりも大きく、完全にビビって涙目になってしまい、「こんなデカい物がなんで飛ぶのか科学的な説明をしてくれ!」と、搭乗口のお姉さんに大声で説明を求める。離陸から安定飛行に入るまで、乗務員のお姉さんが隣に座ってくれた。

【新婚旅行・帰り】
着陸の衝撃が今まで経験した事のない激しさで、墜落したと思い失神。

航空会社の人からは完全に迷惑な客扱いされてたんだろうが、このとおり俺は飛行機が苦手だ。離婚してロシアへ家出どころか、沖縄旅行すら冗談じゃないのだ。

沖縄旅行は当たらないだろうが、ロシアへ行かないためには育毛と脱毛予防に励むしかない。しかしロシアへ行くと、俺の名前も「○○ノフ」とか「〇〇スキー」に変わるんだろうか? まあ、「カツラスキー」とか「ヅラノフ」とか「カツラッチ」なんて名前を付けられるよりは、本名がロシア風になるほうがマシだが。

同士諸君、戦いに敗れてカツラを被るような負け犬にならないよう、お互い頑張ろうではないか。

最後に一言、JALの皆さん、ANAの皆さん、エジプト航空の皆さん、ご迷惑をお掛けしました。